WCAGウェブサイト

(WCAG )ウェブサイトの内容のアクセスルール

(WCAG) ウェブサイトの内容のアクセスルールは何ですか?

2.0 (WCAG )ウェブサイトの内容のアクセスルールはWCAGとよく略される。障害者がウェブサイトの内容をアクセシビリティにさせる。障害は視覚、聴覚、体格、言葉、認識、言語、学習、神経障害を含む。

WCAGは本当に必要ですか?

あなたはWCAG基準があんまり必要ではないと疑っています?以下の記事を読んでください。

"2019年10月に、アメリカ最高裁判所は画期的な決定を行いました。裁判所は障害者がDominoのウェブサイトにアクセスするのが必要ではないというDominoの要求書を拒否しました。この審判は障害者の支持者に対する勝つということです。なぜなら、明確な通牒を送りましたからです。もしあなたのウェブサイトはアクセスできなければ、あなたは訴えられる危険があります。事件の告発者はGuillermo Roblesという盲人です。この人は画面を読むソフトを使用してもDominoのモバイルアプリとウェブサイトで食べ物を注文できない後このPIZZA店を告訴しました。"

わが社のWCAGを守る検査のサービス。

  継続的な監視およびサポートサービスを提供しているため、すべてのオーディエンスがサイトにアクセスして使用できるようになります。
  プログラムに基づいて確認できるミスを発見するために具体的な自動化ツールであなたのウェブサイトを検査する。
  わが社はあなたに見つけたミスのまとめ報告を送ります。

WCAG基準を検査するのはどうやって?

画像は直観的で正確に表示される.

詳しい統計報告書

WCAG基準により検査したウェブサイトの数は765件以上です。

765+
ウェブサイト

あなたは自分のウェブサイトがWCAGの基準を満たしているかどうかを検査したいですか?こちらに情報を記入してください。わが社はあなたを満足させます。全然無料です。さらに、あなたのウェブサイトは基準を満たしていなかったら、早く克服するために遠慮しないで、わが社にすぐ連絡してください。

あなたの情報を記入してください。

    jaJapanese